マンション経営:人生設計

お問い合わせ
「人生設計」をしてみましょう

リタイア後の人生も長い昨今。実際にどれくらいの生活資金が必要になるかを正しく知っておくことは大変重要です。

人生設計 (ライフプランニング) をしてみましょう

それでは、一般的に人生においてどのような時期にどれくらいの資金が必要になるか具体的に考えてみましょう。 社会に出て働きはじめてから、結婚、出産、自宅の購入、子供の進学と、人生において幾つかの大きな「節目」がありますが、それぞれの時期おいては様々な形で資金も必要になります。 一般的には子供の自立をピークに必要な資金は減少していきますが、医療が発達し平均年齢も年々延びている現代の日本においては、定年後のリタイア生活も考慮する必要があります。

もちろん、人それぞれの人生があり、結婚をする人としない人、子供を生む人と生まない人、マイホームを購入する人としない人など、皆が全く同じ人生を歩むことはまずありませんし、計画した通りに人生を歩むことができるとも限りません。しかし、将来にわたってどのような時期にどのような出費があるのか、自分にはどのような選択肢があるのかを日頃から考えておくことで、自分がどのような人生を送りたいのか、そのためにはどのような資金が必要になってくるのかというイメージが描けるようになり、流れが変わった時でも、心理的にも金銭的にも対処できる余裕が持てるようになります。ライフプランは、人生をより豊かにするための心強い味方となるのです。

将来の安心のためにできること

将来の安心のためにどのように資金を確保すれば良いのでしょうか?まず基本は、所得を得て自己資本を高めることが重要です。国民年金に加えて厚生年金を受け取れる場合は、それも大きなプラスの安心材料のひとつになります。しかし、現在の日本の人口構造と経済状況から、社会保障だけでゆとりある老後生活を送ることが難しいと考えられます。また、サラリーマンの給与はかつての高度経済成長時代ほどの上昇率が期待できないばかりか、逆に下降するケースも見受けられ、定年まで右肩上がりの所得上昇が享受できる状態になる事は残念ながら非常に難しいと思われます。そこで、何らかの方法で将来のための資金を確保する必要がありますが、個人資産をお持ちでない場合は、金融商品への投資を行い、その利益により資産形成を行う必要があります。

社会・経済環境 | 人生設計 | 資産形成
ページ最上部へ