なぜ東京のワンルームがマンション経営に最適なのか

お問い合わせ
「東京」で「ワンルームマンション」の理由

マンションにはファミリー向け、夫婦向け、単身向けなどさまざまな種類がありますが、はいめすと(heimest)では長期的に最も安定的な経営が期待できる「東京」での「単身向けワンルームマンション」をおすすめしています。

首都圏エリアの世帯数の増加

少子化が進む日本では、若年人口は年を追うごとに減少しています。ところが一方で、バブル以降に都心部の不動産価格が大幅に下落したことにより、企業や教育機関、住民が都心に戻ってきています。インフラが整って生活しやすく、通勤時間を短縮してより時間を有効に活用できるため、都心部に住居を持つ人が増えてきています。このような理由から、首都圏、特に東京都内に限っては人口・単身世帯数ともに増加を続けています。

単身世帯数の増加

東京都内の総世帯数を見てみると、総世帯数の40%以上が単身世帯となっており、年々増加してきています。この背景には、未婚者・離婚者の増加が数多く見られることがあげられますが、他にも外資系企業の中・長期間の日本滞在者が急激に増加している事も大きな理由のひとつとなっています。

単身者向け供給戸数の不足

東京都内の単身者世帯は年々増加していますが、対する住居(ワンルームマンション)の供給戸数は伸び悩んでおり、大幅に不足しています。東京都内にはワンルームマンションの厳しい建築規制があり、需要に対する供給が追いついていないのです。

単身者向け「デザイナーズマンション」のニーズ

都心部でのワンルームマンションの需要はこのように今後も拡大する傾向が見られますが、価格や資産価値が上昇しはじめているエリアも見受けられます。そのような物件は立地条件の良さはもちろんありますが、特に「デザイナーズマンション」と呼ばれる都市型のワンルームマンションが多い事も大きな特徴です。デザイナーズマンションは機能性や居住性だけでなく、内外装や間取りのデザイン性も重要視され、資産価値を維持しながら中長期的に安定したマンション経営を行うには最適な物件となります。

資産形成 | 東京のワンルーム | メリット
ページ最上部へ