マンション経営のメリットを理解しましょう

お問い合わせ
マンション経営のメリット

個人年金として

定年後のセカンドライフに不安を持たれている方が多くいらっしゃいます。年金受給開始年齢を迎えた時に、今のままでは年金制度そのものが約束された形で運用されるとは限りません。今後は年金受給者は増加する一方で年金保険料の負担者は減り続けると予想され、結果的に受給開始年齢の引き上げや支給額の引き下げが行われる可能性があります。そのような状況をカバーする対策として、マンション経営の家賃収入は大きな安心材料といえます。継続的に家賃収入があるという点はもちろん、自己資金だけでなく住宅ローンを使用することができる点がマンション経営の大きな特徴です。住宅ローンの返済額は賃料でカバーされ、完済後は物件がそのまま資産となり、家賃収入がそのまま安定収入となるため、年金の不足分を補填して経済的にゆとりをもたらすことができます。

生命保険として

万が一のことがあって多額のローンが残った場合、残されたご家族が心配です。そこで、投資用マンションをローンで購入する場合、当社提携金融機関にて住宅ローンの団体信用生命保険に加入します。マンション所有者が死亡または所定の高度障害を負った場合には、ローン残債はこの団体信用生命保険が一括弁済してくれることになります。投資用マンションの所有権と家賃収入はご家族に無借金で引き渡されますので、遺族年金の代わりとして継続して家賃収入を得ることもできますし、売却してまとまった現金に換えることもでき、ご家族を長期にわたって守ることができます。また団体信用生命保険は一般的には年齢による掛け金の差が無く、通常の生命保険と比較すると、掛け金が安く設定されています。このことから、マンション経営は<年金+終身保険>を兼ねた、非常に効率の高い保険商品といえます。

インフレ対策

資産を「現金」として保有していた場合、インフレーション(インフレ、物価上昇)の状態になると貨幣の価値が相対的に下がるため、物価上昇前と同じ貨幣価値は保てなくなり、その価値は実質的には目減りしていくことになります。これに対してインフレ時に有利となる資産は一般的には株式や不動産であるといわれています。しかし株式は物価変動とあわせて企業の経営状況など価値の変動に結びつく不確定要素が非常に多く、必ずしもインフレ対策として有利な資産であるとは言い切れません。これに対して不動産は物価の上昇と共に不動産の価値も上昇します。インフレは消費者物価指数の状態を表しているため、物件価格もその影響で上昇し、家賃も高く設定できることができるようになります。このため、マンション経営では長期にわたって物価変動に合わせた賃料収入を得ることが可能になり、安全かつ有利に資産形成ができる選択肢のひとつであるといえます。

高い利回り

長く続く低金利の中、定期預金や生命保険の利回りは1%を下回る一方で、マンション経営による利回りは高い水準を維持しており、他の金融商品と比べても抜群の運用効果が期待できます。マンション経営の場合は物件により変わってきますが、比較的リスクが低い東京都内のワンルームマンションの場合は一般的に 4〜5%が望めます。特に東京都心部の不動産価格も底値を脱したといわれ、ある程度は資産価値の先読みもできるようになってきています。その中でも都市型ワンルームマンションの利回りは高い状態で推移しており、その利回りの高さと安心感が何よりも大きなメリットであるといえます。株やFX、先物取引等と比べると速効性の高い商品ではありませんが、マンション経営には長期保有による安定利益が期待でき、かつ投資元本が回収しやすいなど、リスクコントロールが難しい他のハイリスク・ハイリターン商品と比べると、安定要素が大きなメリットとなります。

少ない自己資金で開始が可能

マンション経営をはじめるには多額の自己資金が必要と思われがちですが、サラリーマンや公務員、ある程度の年収があれば住宅ローンを組むこともできるため、実際には少額の自己資金で始めることができます。民間の金融機関に投資用住宅ローンなどの大きなバックアップ商品も用意されており、ローン返済の大半を家賃収入で賄うことができます。他の一般的な金融商品はこのような金融機関のサポート商品が無く、始めるにあたっては多くの自己資金が必要となりますので、マンション経営は他の金融商品と比べるとより自己資金を投資する額が圧倒的に少ないのです。

税金対策として

マンション経営では賃料による不動産収入が発生します。これは税法上「不動産所得」となり、賃料収入を税務申告することになり、建物の減価償却費、住宅ローンの利息、管理費、固定資産税などの必要経費が認められます。これらの経営に関連する様々な必要経費を計上する事が可能ですので、不動産取得を確定申告することによって給与所得者の節税ができる場合があります。また、万が一相続が発生する場合、投資用マンションでは評価額の大幅な控除が可能となるため、現金を相続した場合と比べると非課税となる金額が大きくなります。年金・保険の要素を持ちながら、税金面での節税効果があることも、マンション経営の大きなメリットとなります。

ページ最上部へ